×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

心理学連邦
身柄を拘束されたストレスによって生じる一時的な心身の異常。
腹痛、不眠などの体の症状や不安、抑鬱などの心の症状がある。

拘禁反応か、本当の病気か、詐病かという問題からしばしば拘置所や刑務所において、
議論の対象となる、これは裁判や刑の執行を継続すべきかという重要な問題である。

上記の症状の他に簡単な計算や質問に的外れな答えをするガンザー(ガンゼル)症候群があり、
時に収容者の状態を的確に判断する事を難しくさせる。
シェルショック
戦争中に長時間塹壕の中で砲弾等の大きな音を聞いていたために
起きる症状で体の震えが特徴、後に砲弾の音を聞いていない者にも同様の症状が見られた。 単調で無意味な行動を繰り返す事。
檻に入れられた動物が刺激不足のために常同行動をする事がある。
同じ場所を行ったり来たりする、尾を噛む、柵を舐める等。
事件や事故、災害等、強い精神的苦痛を体験した事が原因で、不眠やフラッシュバック
感情の鈍麻等の症状が現れる事。
加害者と被害者が共通の敵(多くは警察)と対峙し、被害者が加害者に
連帯感や好意を持つ現象の事。

加害者が人質をとって篭城し、加害者と被害者が長時間同じ状況におかれたり、
加害者と被害者が警察の攻撃 に晒されたり、晒されるのではないかという不安や、
被害者が自分の身を守るために加害者の心情を斟酌することなどが原因として考えられる。

ストックホルムで起きた銀行強盗事件に因む名称、加害者が被害者に好意を持つ場合は
リマ症候群という。
copyright© ヒドラミン メール